イベント情報

2022.07.22

【開催しました】令和4年度第2回 郷土の歴史講座 函館朗読紀行VOL.16「佐藤泰志の映画化された5作品を読む ~映画と文学の幸せな関係~」

 7月21日(木)、函館市中央図書館郷土の歴史講座・函館朗読紀行VOL.16「佐藤泰志の映画化された5作品を読む」が函館朗読奉仕会との共催で開催されました。
今回は函館市出身の作家、佐藤泰志の小説「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「オーバーフェンス」「きみの鳥はうたえる」「草の響き」の朗読会でした。また、シネマアイリス代表で映画プロデューサーの菅原和博さんをナビゲーターにお迎えして、佐藤泰志の小説を原作とした映画づくりの出発点から制作秘話までのお話も伺いました。映画の予告編を上映後、函館朗読奉仕会の皆さんによる小説の朗読が続きます。映画と文学、双方の表現を重ねて味わえる貴重な時間となりました。
 
当館は、これからも感染拡大防止策を実施しながら郷土の歴史講座を開催していく予定です。市政はこだてやホームページでもご案内いたしますので、ぜひお気軽にご参加くださいますようお願いいたします。

※午前3時~午前5時は、メンテナンスのため、ホームページ上の蔵書検索・予約・利用照会機能等を停止します。