イベント情報

2022.10.03

【開催しました】函館市中央図書館 令和4年度郷土の歴史講座「漢詩から見える 江戸末期の道南」

10月2日(日)、函館工業高等専門学校教授の泊功氏をお迎えし、郷土の歴史講座「漢詩から見える江戸末期の道南」を開催いたしました。

江戸時代の蝦夷地で詠まれた漢詩は、中国の辺塞詩(異民族と接する辺境の遠征軍を背景に詠まれた詩)と同様に異民族や異文化との関わりや、辺境の特異な気候や自然、植民地性などを視点に詠まれたものであるという特色があります。
蠣崎松濤ら松前藩士と、松前と蝦夷地を訪れた人たちの交流にも触れながら、箱館および道南の風土、アイヌの文化など漢詩に詠まれた江戸末期の蝦夷地の風景・風俗を鑑賞する貴重な機会となりました。

当館は、これからも感染拡大防止策を実施しながら郷土の歴史講座を開催していく予定です。市政はこだてやホームページでもご案内いたしますので、ぜひお気軽にご参加くださいますようお願いいたします。

※午前3時~午前5時は、メンテナンスのため、ホームページ上の蔵書検索・予約・利用照会機能等を停止します。